お知らせ

 フォルモサの日 店名の由来 

 フォルモサ・・・ポルトガル語で麗しの島。
 16世紀半ば台湾沖を通航したポルトガル船の航海士がその美しさに感動して
 呼んだことに由来すると言われています。

 フォルモサの日では
 客家花布がお客様をお出迎え致します
 花布雑貨に囲まれ、台湾蜜香紅茶を味わいながら今日は1日
 台湾(フォルモサ)気分〜

 そんな麗しい「フォルモサの日」を過ごして頂ける様にとの
 願いを込め店名に致しました。


 台湾との出会い 台湾雑貨屋を始めるまで 

 台中で生まれ育った亡父の足跡を辿ろうと2009年に初めて訪れた台湾は、
 結果的に私の台湾食い倒れひとり旅となり台湾雑貨屋「フォルモサの日」を
 始めるきっかけの旅となりました。

 客家花布に魅了され、ミニバイクの群れに度肝を抜かれ、中国茶の
 芳香に癒された思い出の旅。


 訪ねる度に気づく台湾の魅力今のフォルモサの日 

 店内にはネットで見つけましたと、遠方より
 来て下さるお客様がいます。
 台湾話しに花が咲き、気が付くと
 そこには亡父と同じ笑顔で
 台湾の話しをしている自分がいます。

 フォルモサの日で販売している商品は
 どれも少量仕入です。
 年に数回行く台湾で自ら仕入をし、持ち帰って来る為です。
 仕入れた時に自分が感じた台湾の空気、風、香りが
 お客様にも届きますように・・・

 花布ポーチ、バンビバック、茶器、ポストカードに到るまで、
 そんな願いを込めています。